IDENTITY

AEVICのマスコットはどうして亀なんだろう?

古代インドの神話 “大亀アクバーラ”

古代の人々は、その環境に応じた世界観、そして宇宙観をつくり、それらを神話として残していきました。
その一つとして、古代インドでは世界は巨大な亀の甲羅(こうら)に支えられた3頭の象が、半球状の大地を支えていると考えられていました。
大地を支えているというその亀の王の名をアクバーラと呼びます。
輪となったアナンタ(蛇の神)に跨り、背に方角ごとにローカパーラという象が乗って大地を支えています。

『地球は亀の甲羅の上に乗っている』
大亀が地球を支えていた神話から、『社会基盤をIT技術で支える大亀』としてAEVICを現しています。
古代の人々のような想像力が、より便利な世の中を創り、あたりまえにしていくことができるのだと考えます。
私たちも豊かな想像力を育み、ITで夢と感動の共有をしてゆく企業であり続けます。

参考URL
https://rika-net.com/contents/cp0320a/contents/rekishi/